足 疲労回復

疲労回復のコラム

足が疲労回復のポイント

HOME > コラム > 足が疲労回復のカギ

足が疲労回復のカギ

体の疲れは全身で感じます。特に日本人は、肩や首のコリを強く感じるのではないでしょうか?

疲れがたまってマッサージへ。「特に気になるところは?」と聞かれ「肩コリや首のコリがひどくて・・」とお答えになる人が多いと思います。でも・・・

疲労回復のカギは“足”にあり

肩も首もこるでしょう。背中や腰がつらいこともあるでしょう。でも、全身の7割の筋肉が集まる“足”が疲労回復のポイントなのです。

疲れを回復するには、全身の筋肉をゆるめる(ほぐす)ことが不可欠。ゆるめることなしに、疲労は回復されません。

そこで、いかに多くの筋肉をゆるめるかがポイント。いくら肩や首を集中的にケアしても、全身の疲れをとるまではいかないでしょう。

まずは足をしっかりほぐすこと。足には全身の筋肉の7割が集まっています。その足の筋肉をほぐしてから、残りの3割、たとえば、首、肩、両腕、背中、腰、という具合にケアしていくのが疲労回復には効果的なのです。

疲労がたまる場所も人それぞれ

もちろん、疲れがたまる場所は人それぞれです。

立ち仕事が多い人は足が疲れるでしょう。 姿勢が悪ければ首も肩も背中も腰も疲れます。一日じゅうパソコン仕事の人は、首、肩、背中、ですね。精神的ストレスが多い人は、全身の筋膜(筋肉の膜)にたまります。

全身の7割の筋肉が集まる足をほぐした後は、あなたの生活特性に合わせて、疲れた場所をケアしてあげてください。

体をほぐして疲れを回復する方法 >>

スポンサーリンク

▼関連記事