正しい歩き方

疲労回復のコラム

歩くことは健康にいい?

HOME > コラム > 歩くことは健康にいい?

歩くことは本当に健康にいい?

健康のために歩く人が多いですよね。若い人から年配の方まで、たくさんの方が健康のために歩いています。しかしその歩く姿勢を見ていると、健康のためどころか体に負担のかかる歩き方をしている人が多いのです。

靴のかかと、外側がすりへっていませんか?

靴のかかとを見てみてください。外側からすりへっていませんか?

靴のかかとは、均等にすりへっているのが正しい歩き方をしている証拠。靴底の外側がすりへっている人は悪い歩き方をしている人で、歩けば歩くほど、足、ひざ、腰、背中、肩へ負担がかかります。健康のためのウォーキングが健康にとってマイナスとなってしまうのです。

「健康のために歩きましょう」ではなく「健康のために“正しく”歩きましょう」なのですね。

スポンサーリンク

かかとで着地して親指で地面をける

正しい歩き方

かかとで着地 ⇒ 重心が足の外側を移動して ⇒ 親指で地面をける

悪い歩き方

かかとで着地 ⇒ 重心が足の外側を移動して ⇒ 小指や薬指で地面をける

悪い歩き方だと靴底は外側からすりへっていきます。その靴を履くと、さらに悪い歩き方をしやすくなります。悪循環ですね。

この歩き方を続けてしまうと、ヒザや腰がつらくなる、背中や肩がこる、といった不調をはじめ、足がO脚ぎみになることから体重を骨でささえることができなくなり、骨盤のゆがみなどからいろいろな不調をきたしてしまう可能性があります。

骨で支えれば体の負担は軽くなる

座っていても、立っていても、歩いていても、正しい姿勢なら体重を骨でささえることができます。しかし姿勢が悪いと骨でささえることができず、体重を筋肉で支えなければならなくなります。これでは余計な疲れをためてしまうことになりますね。

歩くにしても、運動するにしても、しっかりと筋肉をほぐして、正しい姿勢でおこなってはじめて、健康にプラスになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

▼関連記事