疲れをとる水の飲み方

飲み物で疲労回復

疲れをとる水の飲み方

HOME > 飲み物 > 疲れをとる水の飲み方

疲れをとる水の飲み方

疲れをとる水の飲み方とはどんな飲み方でしょうか?

水は私たちの体の60%から70%をしめています。そんな水の飲み方次第で、体が元気になることもあれば、かえって疲れてしまうことも。

そこで、効果的に疲れをとる水の飲み方を紹介します。

スポンサーリンク

効果的に疲れをとる水の飲み方

疲れをとる水の飲み方

疲れをとるためには栄養を補給することが大切。でもその栄養をしっかりと吸収して、体のすみずみにまで届けることはもっと大切です。

栄養や酸素を運ぶのは、血液。

血液の80%は水分でできています。血液中の水分が不足してドロドロ状態になってしまっては、血液の流れも悪くなって、全身に栄養や酸素を運ぶことができません。

血中濃度を薄めるためにも、水を飲むことは効果的です。

汗をかいてのどが乾いたところに冷えたビールは最高。でも、体の水分が減っているということは、血液中の水分も不足している証拠。ビールの前に水を一杯飲むだけでも、血液中に水分が補給されるので体にやさしいですね。

では、疲れをとる水の飲み方を具体的にお伝えします。

こまめに少しずづ飲むのが、効果的に疲れをとる水の飲み方

1日に必要な水の量は2リットルといわれます。食事からも水分が補給されるので、水は1.5リットルほど飲むとよいでしょう。

疲れをとる効果的な水の飲み方

ここで水の飲み方に注意。たくさんの水を一気に飲むのではなく、20分から30分おきに口を湿らせる程度でこまめに水分を補給することが、疲れをとる効果的な水の飲み方です。

20分から30分おきというのはちょっと難しいもの。なるべくならのどが渇いたなと思う前に、コップ一杯の水を飲む飲み方がいいですね。

冷たい水は体を冷やしてしまい、筋肉も固くなってしまうので逆効果。なるべく常温の水を飲むようにしてください。

そして、もう1つ大切なことは・・・

疲れをとるには、なにより体をほぐすこと!

かたい体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事