頭の疲れをとる飲み物

飲み物で疲労回復

頭の疲れをとる飲み物

HOME > 飲み物 > 頭の疲れをとる飲み物

頭の疲れをとる飲み物

仕事の合い間のコーヒーは、体も気分もほっとリラックスさせてくれるもの。コーヒーの飲み方を工夫するだけで、ずいぶんと頭の疲れをとることができます。

そこで、頭の疲れをとる効果的なコーヒーの飲み方を紹介します。

スポンサーリンク

頭の疲れをとるコーヒーの飲み方

頭の疲れをとる飲み物

コーヒーに含まれるカフェインには目を覚ます作用があるのはご存知ですよね。さらに大脳皮質や筋肉を刺激するなど、頭のはたらきを活発にしたり疲れをとる効果もあるんです

カフェインには体の脂肪を分解して、エネルギーに変える働きがあります。ダイエットだけでなくマラソンなどのスポーツで水分補給にカフェインを含む飲み物を使うことも多いとか。

そして、頭の疲れをとる飲み物といえば、砂糖を入れたコーヒーがおすすめ。砂糖は体内で素早くブドウ糖になって、頭のはたらきを助けてくれます。

ブドウ糖が頭の疲れをとる

脳のエネルギー源はブドウ糖のみ。脳は1日に120gものブドウ糖を消費しています。つまり1時間で5gの消費。

飲み物や食べ物から摂取したブドウ糖のうち、すぐ使わないものは筋肉や肝臓に蓄積されます。しかし筋肉に蓄積したブドウ糖は、すぐにはエネルギーに変えられません。

頭の疲れをとる飲み物:コーヒー

すぐにエネルギーに変えられるのは肝臓に蓄積したブドウ糖。でもその量は最大60g。

そこで頭の疲れをとるには、飲み物や食べ物でこまめにブドウ糖を摂ることが大切になってきます。

エネルギーの30%は頭(=脳)で消費されるとも。仕事の能率や集中力をキープするには、頭の疲れをとることが大切。食べ物、飲み物でこまめにブドウ糖の補給することがポイントですね。

炭水化物も体内で分解されてブドウ糖となりますが、飲み物に黒糖、蜂蜜などを入れて、素早く頭の疲れをとることが効果的です。

そして、もう1つ大切なことは・・・

疲れをとるには、なにより体をほぐすこと!

かたい体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて頭もスッキリ♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事