寝つきをよくする牛乳の飲み方

飲み物で疲労回復

寝つきをよくする牛乳

HOME > 飲み物 > 寝つきをよくする牛乳の飲み方

寝つきをよくする牛乳の効果と、効果的な飲み方

牛乳には寝つきをよくするはたらきがあります。

この効果はあまり知られていないようで、朝に牛乳を飲む方は多いと思いますが、夜の寝る前に飲んでいる方は少ないのではないでしょうか。

ではなぜ牛乳を飲むと寝つきがよくなるのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

寝つきがよくなる牛乳のはたらき

人間の体内では、生きていくために必要なさまざまな物質を作っています。その中のひとつに脳内物質の「セロトニン」というものがあり、このセロトニンが安眠に対する効果を発揮する物質なのです。

寝つきをよくする牛乳

牛乳にはこのセロトニンを作るための成分となる「トリプトファン」をとても多く含まれています。そのため牛乳を飲むと寝つきがよくなって安眠効果が期待できるという訳です。

余談ですが、バナナにもトリプトファンは多く含まれています。夜食にバナナというのも、安眠に対して効果的な方法ですね。

また、牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているのは有名ですね。カルシウム不足でイライラするのはご存知のとおり。逆に言えば、カルシウムには気持ちを落ち着けてくれる効果があるとされています。

牛乳はトリプトファンとカルシウムの相乗効果でより寝つきがよくなるのでしょう。

とはいえ「ただ牛乳を飲めば寝つきがよくなる」というわけではなく・・・

寝つきをよくするための牛乳の飲み方とは?

牛乳をただ飲めば良いというわけではありません。寝つきをよくするために飲む場合は必ずホットミルクにして飲むようにしましょう

なぜかというと、牛乳に限ったことではありませんが冷たいものを飲む(食べる)と胃袋や体の中が冷やされてしまって、眠りを妨げることになるからです。

寝つきをよくする温めた牛乳

なので、寝つきをよくするためには、トリプトファンの多い牛乳を温めて飲むのがもっとも効果的なのです。

ただ、ホットミルクを飲んだらすぐに眠たくなる、というわけにはいきません。

牛乳に含まれるトリプトファンが安眠物質であるセロトニンを作るまでには、ある程度時間がかかります。寝る1時間くらい前までにホットミルクを飲むのがよいのではないでしょうか。

トリプトファンは、バナナのほかにもハチミツや卵にもたっぷり。

牛乳にハチミツをくわえたり、バナナと一緒にミキサーにかけたり、卵とミキサーにかけてミルクセーキにするのも、寝つきをよくする効果大です。

コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を、夜寝る前や夜中にどうしても飲みたいという場合は、牛乳をたっぷりと入れてカフェオレやミルクティーとして飲みましょう。、カフェインの弊害を牛乳がカバーして、寝つきをサポートしてくれます。

牛乳には胃の粘膜を保護してくれるという効果も。おやすみ前の飲み物としてはとても良い飲み物ではないでしょうか。

「ぐっすり眠れた」「疲れが残っていない」 >>

スポンサーリンク

▼関連記事