キャベツの健康効果

食べ物で疲労回復

キャベツの効果と食べ方

HOME > 食べ物 > キャベツの健康効果

キャベツの健康効果とは?

サラダや炒め物などには欠かせない野菜、キャベツ。栄養価がとても高いことでも知られていますし、デザイナーフーズとしてもその高い健康効果が有名ですね。食前キャベツをされている人も多いことでしょう。

そんなキャベツの健康効果やおすすめの食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

栄養価の高いキャベツ

ビタミンCがたっぷり

ビタミンC豊富なキャベツ

キャベツの主な栄養成分を見てみると、まずビタミンCが100g中44mgととても豊富に含まれています。

特に、外側にある緑色の濃い葉にビタミンCがもっとも多く含まれていて、その次に芯の周辺部分に多く含まれています。

収穫時期によっても、ビタミンCの含有量は異なります。

8月頃に収穫されたキャベツよりも、「春キャベツ」がおすすめ。

3月から4月に収穫されたいわゆる「春キャベツ」のほうが、ビタミンCが約1.3倍多いと言われています。

そのほかにも豊富な栄養素

キャベツにはビタミンC以外にも栄養素がたくさん。次のような効果が期待されます。

  • ビタミンU・・・アミノ酸の一種。胃腸の粘膜を保護・修復。胃酸の出すぎを防ぐ。
  • ビタミンK・・・骨粗しょう症の予防効果や傷口の凝固作用
  • カロテンやカルシウム・・・免疫力を高めるはたらき
  • カリウム・葉酸・・・利尿作用
  • イソチオシアネート・・・デザイナーフーズの上位に位置するゆえんがこの栄養素でしょうか

では、キャベツの効果的な食べ方について、お伝えします。

キャベツのおすすめの食べ方

このように栄養価の高いキャベツ。アクがほとんどないので、生で食べるのがおすすめ。

生でざく切りが一番効果的

ほかの野菜と比べて、ビタミンCや抗潰瘍成分(つまりガン予防)が豊富に含まれていますが、これらの成分は「熱に弱く、水に溶けやすい」という性質があります。

なので、生で食べるのが一番おすすめ。

また、包丁で切ると、切り口からビタミンCをはじめとした栄養素が逃げていきます。

千切りよりもざく切り。できれば手でちぎっては食べ、ちぎっては食べ、が一番ですね。

ドレッシングもいいですが、発酵食品である「お味噌」をつけて食べると、さらに酵素の量もアップ。しっかりと発酵したお味噌を選びましょう。

調理するなら手早く

切る、水にさらす、炒める、といった調理は手早くすることがポイント

せん切りにして氷水にサッとくぐらせコールスローにしたり、きゅうりやトマトなどと合わせてサラダにしたり、塩もみして浅漬けにするといいですね。

サラダにする場合は、ビタミンCが流れ出ないように、水にさらすのは5分以内にしましょう。

胃の調子がすぐれない人は、キャベツをミキサーにかけて搾り出した汁を飲むと効果的です。キャベツだけでは味が苦手という人は、りんごなどと一緒にミキサーにかけると飲みやすくなります。

加熱調理する場合は、お味噌汁やスープの具にして煮込んで、お汁やスープごと飲むようにすると、汁に溶け出た栄養成分もしっかり摂取できます。湯通しして和え物にしたり、冬場はロールキャベツやポトフなどにしてもいいでしょう。

そして、もう1つ大切なことは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

「疲れがとれないなぁ」というあなた。

  • 肩こり、首のこりを感じる
  • 背中がバリバリに張っている
  • 体がガチガチに固い
  • 体が冷えている

と感じていませんか?

ストレスが多いと交感神経ばかりがはたらいてしまうので、いつも固い体に。

固い体では流れも悪く、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事