お酢で疲労回復

食べ物で疲労回復

お酢で疲労回復

HOME > 食べ物 > お酢で疲労回復

お酢で疲労回復しよう

お酢は体によい食べ物として広く知られています。

酢に含まれる「クエン酸」は疲労物質の乳酸を分解してくれます。「アミノ酸」はエネルギーを作ってくれて、疲労物質である乳酸ができないようにおさえてくれます。酢はダブルで疲れをとるのに役立つのです。

スポンサーリンク

酢のものや酢のドリンクで、乳酸を分解しよう

疲れた時は甘いものが欲しくなりますよね?甘いものは血糖値を上げるので、体の疲れもやわらいで精神的にもリラックスできます。

しかし甘いものには、糖質の分解や代謝に必要なビタミンB1があまり含まれていません。

糖質がうまく分解できずに疲労物質である乳酸に変化して体のなかに蓄積し、かえって疲れを感じてしまうことにもなるのです。

酢で疲労回復

そこで体内にたまった乳酸を分解して疲れをとるのが、お酢などに多く含まれるクエン酸。

酢の物やお酢のドリンクで補給するのも、乳酸の分解に効果的。ごはんのおかずにお酢をかけるだけでも手軽にクエン酸が補給できますね。

また、食べ物に含まれるブドウ糖は体の中で燃やされてエネルギーを作り出します。

しかし、そのとき完全に燃焼されなかった燃えカスが酸性物質となって体内にたまると、体が酸性化して疲れを感じるようになります。

ここで酢が活躍。酢が体をアルカリ化して、燃えカスが体にたまるのを防いでくるので、疲れをとるのに効果的なのです。

酢の他にもクエン酸を多く含む食品は、レモンやミカン、グレープフルーツなどの柑橘類、パイナップル、キウイ、梅、などがあります。

料理にお酢を使ったり、お酢のドリンクを飲むだけでなく、梅肉を料理に使ったり、梅干しを食べたり、食事の前に柑橘系の果物を食べたりと、手軽にクエン酸を補給しましょう。

そして、もう1つ大切なことは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

お酢や果物などを食べるように心がけても、体が固いと流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

特にストレスの多い人は、いつも体が固くなりがち。目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというのも、体が固くて流れが良くないことが原因のひとつです。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事