トマトで疲労回復

食べ物で疲労回復

トマトで疲労回復

HOME > 食べ物 > トマトで疲労回復

トマトで疲労を回復しよう

トマトにはクエン酸やリンゴ酸がたくさん含まれています。これらは新陳代謝を高めるもので、エネルギー作りがスムーズになって乳酸をたまりにくくしてくれます。

ビタミンA、C、E、リコピンが含まれるトマトは抗酸化野菜としても有名。そんなトマトの効果的な食べ方や料理法などを紹介します。

スポンサーリンク

トマトのクエン酸が乳酸を分解! 食欲も増進!

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と昔から言われるほど体によい食べ物であるトマト。すっぱい風味はクエン酸です。

抗酸化野菜のトマトで疲労回復

クエン酸はトマトの他にも、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系の果物、パイナップル、キウイ、梅などに含まれる酸。

疲労物質である「乳酸」の発生をおさえてくれるので、疲労回復に効果的。また胃液の分泌をうながして食欲も増進します。

トマトの赤い色はすっかり有名になったリコピン。

リコピンはカロチンの一種で、細胞を傷つける活性酸素を除去。活性酸素はストレスをうけると発生してしまう悪の元凶で、あらゆる病気や老化の元と言われています。

リコピンを多く含むトマトで活性酸素を除去! 豚肉とトマトの相性もGOOD!

トマトと豚肉で疲労回復の効果アップ

抗酸化作用の高いリコピンは、DNAや細胞を守って体を本来の元気な状態に戻してくれます。トマトのパスタ、トマトスープ、トマトジュースも手軽に飲めていいですね。

ビタミンB1が豊富な豚肉も、クエン酸と一緒に食べるとより効果的にはたらくので、豚肉とトマトの相性はバツグン。豚肉とトマトと水菜の冷しゃぶや豚肉とトマト ソースのパスタなどもとても効果的な食べ物です。

クエン酸やリコピンなど栄養価の高いトマト。食事に取り入れていきたいですね。

そこで、もう1つ大切なことは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

抗酸化野菜であるトマトを積極的に食べても、体が固いと流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

特にストレスの多い人は、いつも体が固くなりがち。目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというのも、体が固くて流れが良くないことが原因のひとつです。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事