疲れに糖分は効果的?

食べ物で疲労回復

疲れに糖分は効果的?

HOME > 食べ物 > 疲れに糖分は効果的?

疲れをとるのに糖分は効果的?

糖分で疲れをとろうと、仕事や勉強の合い間に一息いれることはよくありますよね。でも、糖分は本当に疲れをとるのに効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

脳の疲れをとるには糖分がおすすめ

疲れた時には糖分が欲しくなるもの。仕事の合い間にちょっと糖分をとるだけで、気持ちもホッと一息できますし疲れも軽くなったような気がします。

脳のエネルギー源は糖分(ブドウ糖)のみ。でも体のなかに貯蓄しておくことができません。

糖分で疲労回復

1時間で5グラム、1日で120グラムのブドウ糖を消費する脳。そんな脳のはたらきを助けるためには、甘いものに含まれるブドウ糖を補給することが効果的。糖分が体内ですばやくエネルギーに変わって脳に届くのです。

頭をフル回転させる同時通訳の方などは仕事中にはチョコが必需品だとか。チョコなどの甘いものに含まれる糖分をすばやく脳に届けて、頭の回転をサポートするのですね。

では、「体の疲れ」をとるには、どんな食べ物が効果的なのでしょうか?

体の疲れには、甘いものよりビタミンB1が豊富な玄米や全粒粉パン

さて今度は体の疲れです。

エネルギーになるのはやはり糖分。ただし糖分のとりかた次第で・・・

  • いつも元気なスマートさん
  • 疲れやすいぽっちゃりさん

に分かれます。

体にエネルギーを補給するための糖分は、甘いものよりも炭水化物がおすすめ

ケーキなどの甘いものはエネルギーに変えるためのビタミンB1が足りないので、糖分が体にたまってしまうだけでエネルギーにはなりにくいのです。

甘いもの より全粒粉のパンが効果的

疲れた頭に甘いものを一口、というのなら素早くエネルギーに変えてくれます。でも、体の疲れをとるために甘いものをたっぷり食べる、というのはオススメしません。

おすすめは炭水化物。その中でも玄米や胚芽米、全粒粉のパンが効果的です。

エネルギーになりやすいのは、ビタミンB1がしっかり含まれている食べ物。白いごはんよりも玄米や胚芽米、白いパンよりも全粒粉のパンのほうが、疲れをとるのに効果的ですね。

胚芽米も全粒粉のパンも、体内でゆっくりと消化されてエネルギーになります。「今日は1日忙しいわ」という朝に食べておくと、一日元気に活動できるでしょう。

ただ、ここでひとつ大切なポイントがあります。それは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

栄養価の高い食べ物を食べても、体が固いと流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

特にストレスの多い人は、いつも体が固くなりがち。目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというのも、体が固くて流れが良くないことが原因のひとつです。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事