ストレス解消に効く食べ物

食べ物で疲労回復

ストレス解消の食べ物

HOME > 食べ物 > ストレス解消に効く食べ物

ストレス解消に効く食べ物とは?

体のストレスや精神的なストレスが多いと、自律神経が乱れてしまいます。交感神経ばかりが活性化するので筋肉が固くなって体の流れが悪くなり、疲れやさまざまな不調があらわれてきます。

とはいえストレスの原因をなくすのは難しいでしょうから、ストレス解消にいい食べ物を取り入れましょう。

スポンサーリンク

カルシウムとマグネシウムが豊富!ストレス解消に効く食べ物

イライラやストレス解消に強いカルシウムもそれだけでは吸収されにくい。カルシウムをスムーズに吸収するためにはマグネシウムが必要なのです。

そのカルシウムとマグネシウムが豊富に含まれる食べ物が「ひじき」。

ストレスがかかると、体は副腎皮脂ホルモンを分泌してストレスに対抗しようとします。この副腎皮脂ホルモンを作るのに必要なのが「ビタミンC」。

そこでカルシウムとマグネシウムが豊富な「ひじき」に、ビタミンCが多い食べ物を加えると、カルシウムの吸収も高くなり、副腎皮質ホルモンの分泌もさかんになって一石二鳥。

ひじきと一緒にトマトを食べたり、柑橘系の果物やキウイ、パイナップルなどの食べ物を一緒にとると、相乗効果がアップします。

それぞれの食べ物を、一緒に料理する必要はありません。

カルシウムが多い食べ物なら、マグネシウムが豊富なナッツ類を一緒に食べる。サラダにトマトや、デザートに柑橘系など、ビタミンCの多い食べ物をとる、といった形で食べ物のバランスをとって、ストレス解消に役立てましょう。

そして、もう1つ大切なことは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

カルシウムやマグネシウムの多い食べ物を食べても、体が固いと流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

特にストレスの多い人は、いつも体が固くなりがち。目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというのも、体が固くて流れが良くないことが原因のひとつです。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事