キウイを食べる時間

食べ物で疲労回復

キウイを食べるタイミング

HOME > 食べ物 > 果物を食べる時間

果物を食べる効果的な時間とは?

果物には酵素が豊富。そこで、

  • 酵素の多い果物とは?
  • 果物はいつ食べるのが効果的?

についてお伝えします。

酵素が多い果物とは?

果物には酵素がたっぷり含まれています。酵素といえば、疲労回復はもちろん、あらゆる生命活動になくてはならないもの。

果物を食べる時間

なかでも酵素の多い果物といえば、

  • パパイヤ
  • パイナップル
  • イチゴ
  • キウイ

これらの果物を食べることは、疲労回復にもダイエットにも効果的ですが・・・

果物を食べる時間を間違えると、その効果は激減。では、果物を食べるおすすめの時間はいつなのでしょうか?

スポンサーリンク

果物はいつ食べるのが効果的?

酵素がたっぷりの果物を「食後のデザート」に食べている人、せっかくの酵素がムダになっています。

果物の酵素を効果的に取り入れるために、もっとも効果的な時間は「食事の前」。具体的には、果物を食べる時間は、食前(食事の30分前)や食間(食事と食事の間)が効果的。

なぜなら・・・

普通の食事は2時間から4時間かけて胃から腸へと届きますが、果物はわずか30分で腸に届きます。これは、果物にはたっぷりの酵素が含まれているから。

そして腸にとどいた酵素は、腸内環境を整えたり、これから入ってくる食べ物をしっかりと分解・吸収してくれます。

食べた果物の中の酵素が食事の消化吸収をしてくれれば、体内にある酵素は疲労回復などの新陳代謝に使えます。おかげで疲れもとれるし、ダイエットにも期待できます。

でも、食事の後にフルーツを食べてしまうと、前を行くごはんやおかずにジャマされて胃で立ち往生。。。

果物は 「食事の前」 か 「食事と食事の間」 に食べるようにしましょう。

さて、もう1つ大切なことは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

体が固いと流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

特にストレスの多い人は、いつも体が固くなりがち。目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというのも、体が固くて流れが良くないことが原因のひとつです。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事