空腹 疲労回復

食べ物で疲労回復

空腹の効果

HOME > 食べ物 > 空腹と疲労回復効果

空腹と疲労回復

疲れたときは、しっかり食べて疲労を回復しようと思いますよね?でも実は、そうとも限らないのです。なぜなら・・・

疲れをとるには空腹が一番!?

「空腹と発熱は世界でたった2人の名医だ」

そう断言するのは、自然療法を実践しているドイツの医科大学のイセルス教授。

野生動物の世界には病院も薬もありません。ケガをしたからといって「栄養のあるものでも食べようかな」なんてできません。逆に、ケガのせいで獲物をとらえることすらできないことでしょう。

では、どうやって治しているでしょうか。実は、空腹のままいるか熱を出すことで、自然と回復しているのです。

空腹

人間も、酵素がなくなると生きていけません。その酵素は「食べ物の消化」と「新陳代謝」に使われます。

何も食べなければ、体内の酵素をすべて「新陳代謝」に使うことができ、ケガや病気をすばやく修復できるのです。

発熱

熱によってウィルスなどをやっつけます。また体内の酵素は熱によって活性化するので、より体の修復が促進されます。

私たちも、風邪や病気になれば熱が出て食欲はなくなります。ウィルスが退治されて体が修復されてくれば、自然に熱も下がって食欲も出てきます。

この時に「解熱剤」で熱を下げたり、「食べないと元気にならないよ!」というのは間違い。自然治癒力をジャマしてしまうことになるのですね

※もちろん小さなお子さんの発熱は注意が必要です。

スポンサーリンク

頭で考えるより体の声を聞こう

頭で考えるより、体の声を聞くほうが正しいかもしれません。

「食欲がない」というのは、ごはんを食べるとかえって体の負担になるからと、脳が食欲をなくさせているのではないでしょうか。しっかりと疲労を回復するためには、食事を減らすことも時には効果的なのです。

疲労の回復には体をほぐすことも大切

かたい体では流れが悪くなっているので、せっかくの栄養がじゅうぶんに吸収されず、全身にも行きわたりません。さらにいらないものも出にくくなります。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事