消化を助ける食べ物

食べ物で疲労回復

消化を助ける食べ物

HOME > 食べ物 > 消化を助ける食べ物

消化を助ける食べ物

消化を助けるには酵素がポイント。酵素は熱でこわれてしまうので生で食べることが大切です。そこで、消化を助ける食べ物とは・・・

消化を助ける食べ物「大根」

消化を助ける食べ物:大根

大根はジアスターゼ、アミラーゼ、セテラーゼといった消化を助ける酵素が豊富。ジアスターゼとアミラーゼはでんぷんを分解・消化吸収する酵素、セテラーゼはたんぱく質を分解・消化吸収する酵素です。

これらの酵素が消化を助けるので胸やけや胃もたれを防いでくれます。ただ酵素は熱に弱いので、加熱した料理では消化を助ける効果は期待できません。

消化を助ける食べ物は生で

そこで消化を助けるためには、大根おろしや大根サラダなど生で食べることがおすすめ

焼き魚や天ぷらなどに大根おろしが添えられるのは、味だけではなく消化を助けるからですね。生の大根なら酵素がしっかりと消化を助けるはたらきを発揮します。

また、大根の辛み成分は消化を助けるだけでなく魚や肉などの生臭さを消すはたらきも持っています。

辛み成分は、しっぽのほうに多く含まれていて、細胞がこまかく壊れるほど辛くなる特徴を持っています。

からい大根おろしならしっぽの部分を目のこまかいおろし器ですること。辛み成分は揮発性があるので食べる直前におろすのがいいですね。

消化吸収を助ける大根。「自然の胃薬」とも言われる大根を生で食べて、おなかの負担をやわらげてあげましょう。

さてもう1つ、大切なことがあります。それは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

体が固いと流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

特にストレスの多い人は、いつも体が固くなりがち。目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというのも、体が固くて流れが良くないことが原因のひとつです。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事