胃もたれを解消する食べ物

食べ物で疲労回復

胃もたれを解消する食べ物

HOME > 食べ物 > 胃もたれを解消する食べ物

胃もたれを解消する食べ物

胃もたれが起きやすい人や続く人は、食事の内容を見直すことが大切。そこで、胃もたれを解消する食べ物と、その効果的な食べ方についてご紹介します。

スポンサーリンク

キャベツ

胃もたれ解消に効く野菜としてもっとも知られているのはキャベツ。

「デザイナーフーズ」として上位に位置するキャベツは、さまざまな健康効果を持つ素晴らしい野菜のひとつです。

胃の粘膜を保護する成分を含んでいるので、食べ物を消化しやすい環境にしてくれます。キャベツはあの有名な胃薬の名前の由来にもなっていますね。

キャベツで胃もたれを解消

キャベツの胃粘膜保護作用は、生でも加熱しても効果に差はありません。千切りにしたり、蒸してサラダにしたり、お味噌汁に入れたり、炒め物に使ったり。手軽に積極的に食べられる野菜ですね。

抗潰瘍作用もキャベツのいいところ。デザイナーフーズとして上位に位置していますので、ご存じの方も多いでしょう。

ただ、熱に弱い酵素の効果を十分にとりいれるためには、生で食べるのが一番。ビタミンCが逃げないように、「千切り」ではなく「ざく切り」にしたり手でちぎって、生のまま、食事の最初に食べるのがおすすめです。

大根

大根には、でんぷん質の消化を助けるアミラーゼや、たんぱく質の消化を助けるプロテアーゼなどの消化酵素が豊富に含まれています。

大根で胃もたれを解消

「自然の胃薬」とも言われる大根は、胃もたれ解消にぜひ取り入れたい食べ物の代表。ご飯はいつもより少なめにして、大根を使ったおかずをメインにした食事がおすすめです。

ただ、消化酵素は熱に弱く、加熱すると壊れやすくなります。

そこで煮物として食べるよりも、大根おろしや大根サラダなど生の状態で大根を食べるほうが効果的。消化酵素をしっかりと体に取り入れることができて、胃もたれの解消に効果的にはたらきます。

スポンサーリンク

おかゆ・うどん

胃もたれが起きている時は、胃の消化のはたらきが低下しています。胃に負担がかからないよう、消化しやすくて栄養価もある食べ物をとりたいですね。

おかゆやうどんで胃もたれを解消

消化のよさという点でおすすめしたいのが、「おかゆ」や「うどん」といった炭水化物を柔らかく煮込んだ食事

おかゆはちりめんじゃこやごまなどをトッピングすると栄養バランスもよくなります。

うどんは食べやすい食感だけに、よく噛まずに食べるとかえって胃に負担がかかって逆効果に。しっかりと煮込んで卵などを入れて味を整えて、よく味わって食べましょう。

白身魚

栄養価が高い魚の中でも、あっさりした白身魚は胃に負担がかかりにくい食べ物。「タラ・さわら・スズキ・タイ・赤魚」などいろんな種類があるので、食事にも取り入れやすいでしょう。

白身魚で胃もたれを解消

調理法としては、刺身が最も消化がよく、その次に茹でたもの、蒸したもの、煮たもの、焼いたものという順になります。

刺身が苦手なら、ご飯といっしょに炊き込んで炊き込みご飯にするのもいいですね。だし汁でよく煮込んで、消化のよい蕪(かぶ)と合わせたりしても、美味しく食べられます。

胃もたれの解消に効果的な食べ物をいくつかご紹介しましたが、もう1つ大切なことがあります。それは・・・

体が固いと、せっかくの栄養もムダに!?

胃もたれの解消に効果的な食べ物を食べても、体が固いと流れが悪くなっているので、せっかくの栄養が十分に吸収されないだけでなく、いらないものも体から出にくくなります。

特にストレスの多い人は、いつも体が固くなりがち。目覚めがよくない、疲れがとれない、体が重たい、だるいというのも、体が固くて流れが良くないことが原因のひとつです。

そこで、体をほぐすことが大切。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事