頭の疲れをとる方法

マッサージで疲労回復

頭の疲れをとるマッサージ

HOME > マッサージ > 頭の疲れをとる

頭の疲れをとるマッサージ

頭の疲れをとる簡単マッサージの方法を紹介します。自分でできる方法なのでぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

頭の疲れをとる頭皮マッサージの方法

開いた両手で頭をつかんで、つまみながら上へあげるように頭皮をもむ。

頭のマッサージ 解説

頭が疲れる原因のひとつは、頭皮の血行が悪くなっていること。普段の生活では頭皮が動くことはなかなかありません。お風呂で頭を洗う時や、ブラッシングの時くらいでしょうね。

頭皮をマッサージするだけでほぐされて頭の血行がよくなります。頭皮の血行がよくなれば頭の疲れをとる助けになります。

また、両手でマッサージすると自然と肩も動きます。頭のマッサージをしながら腕や首を回せば、胸から上全体の血行もよくなるので、頭の疲れをとるにも、かたまった首や肩の疲れをとるにも効果的。

頭をマッサージするときは、首の方から頭頂部へ向かう感じがいいですね。頭皮があがればフェイスラインもあがります。まさに一石二鳥。

1~2分のマッサージですが、頭の疲れをとるだけでなく全身のだるさも解消!仕事の合い間に「頭の疲れをとるマッサージ」試してみてくださいね。

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

▼関連記事