マグネシウム

栄養素と食品

マグネシウム

HOME > 栄養素 > マグネシウム

マグネシウムの多い食べ物と効果的な食べ方

マグネシウムと言われても、どんなはたらきをする栄養素なのか、すぐに思い浮かぶ人は少ないかもしれません。

機能性食品などで、カルシウムとマグネシウムがセットになっている食品もあります。カルシウムの効果を高めたり吸収をサポートしたり、といったイメージもありますね。

そんなマグネシウムの効果は? 不足するとどうなる? 多く含む食べ物は? 効果的な食べ方は? などについてお伝えします。

スポンサーリンク

【目次】

マグネシウムのはたらきと効果

マグネシウムのおもなはたらきはこちら。

  • 体内のあらゆる酵素のはたらきを助ける
  • カルシウムとともに、骨や歯の元となる
  • 神経の伝達を正常にして、神経を安定させる
  • 恒常性ホルモンなどさまざまなホルモンを活性化させる

マグネシウムが不足すると?

マグネシウムが不足すると、疲れが取れにくくなります。これはマグネシウム不足によって、筋肉が痙攣(けいれん)して、常に緊張状態になってしまうから。

そして食欲の低下も引き起こされます。暑い夏には夏バテで倦怠感が出たり、あまり食欲がなくなる人がいるでしょう。これは汗といっしょにマグネシウムが流れ出てしまって、体内のマグネシウムが不足するために起きる症状です。

同時に神経にも影響があり、気分が落ち込みやすくなってしまいます。ひどい場合には、不整脈やはげしい動悸などの心疾患が起きることも。汗をかきやすい人は、マグネシウムが不足しないようにしましょう。

サプリメントではなく食べ物から

マグネシウム不足を解消しようと、サプリメントから摂る人もいるでしょう。しかし摂りすぎになる傾向があるため、サプリメントからマグネシウムを補うのはあまりおすすめしません。

摂りすぎると、下痢や吐き気などの症状が出る場合があります。やはり毎日の食生活において、食べ物からマグネシウムを摂るのが良いでしょう。そこで、マグネシウムの多い食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク

▲このページのTOPへ

マグネシウムの多い食べ物

マグネシウムの多い食べ物ですが、おもしろい覚え方があります。それは 「そばのひ孫と孫は優しい子かい?納得!」 というもの。

  • 「そば」 は 『蕎麦』
  • 「の」 は 『のり』
  • 「ひ」 は 『ひじき』
  • 「ま」 は 『豆類』
  • 「ご」 は 『五穀』
  • 「と」 は 『豆腐』
  • 「ま」 は 『抹茶』
  • 「ご」 は 『ごま』
  • 「わ」 は 『わかめ』
  • 「や」 は 『野菜(緑黄色野菜)』
  • 「さ」 は 『魚』
  • 「しい」 は 『椎茸(干しシイタケ)』
  • 「こ」 は 『昆布』
  • 「か」 は 『牡蠣(などの海産物)』
  • 「い」 は 『イモ類』
  • 「なっ」 は 『納豆』
  • 「と」 は 『とうもろこし』
  • 「く」で『果物、くるみ』

面白い覚え方ですよね。

しかし、このうちの1つをたくさん食べれば良いというものではありません。あくまでもバランスよく毎日の食生活に組みこみましょう。どの食べ物も、健康に気をつけている人ならすでに取り入れている、または取り入れやすいのではないでしょうか。

ミネラルウォーターも効果的

さらにマグネシウムを効率よく摂りたいなら 「水」 に注目しましょう。ミネラルウォーターには 「軟水」 と 「硬水」 とがありますが、マグネシウムやカルシウムが多く含まれているのは 「硬水」。日本のミネラルウォーターは軟水が多いですが、エビアンやヴィッテルなどの外国のミネラルウォーターは硬水のものが多くあります。これらでマグネシウムを摂ることもできますね。

なお、マグネシウムの一番の敵はストレス。ストレスがたまるとそれを収めるためにマグネシウムが消費されます。こうなるとせっかく摂ったマグネシウムもどんどん減っていきます。マグネシウムを効率よく摂るだけでなく、ストレスによって減ってしまわないように気をつけましょう。

栄養をしっかり吸収できる体になろう

さまざまなストレスで体が固くなっている私たち。いつも肩こり、背中はバリバリ、手足は冷える、足はむくむ。流れの悪い体では、せっかくの栄養も吸収されません。さらに、いらないものも出にくいので、疲れがとれない、朝から体が重たい、なんだか調子が悪い毎日に。

流れをよくするためには、かたくなった体をほぐすことが第一。

そこで、自宅で手軽に効果的に体をほぐす方法をご紹介します。参考になさってください。

しっかりほぐれて体ラクラク♪ 自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事