深い睡眠で疲労回復

眠りで疲労回復

深い眠り

HOME > 深い睡眠をとる方法

疲れを取る睡眠

睡眠は、集中的に疲れを取る大切な時間。新陳代謝が活発におこなわれ、消化や吸収・排泄の準備が進み、昼間のダメージが修復されて、元気な体に生まれ変わります。

しかし、精神的ストレスやパソコン・テレビなどの刺激の多い現代。副交感神経(休息・修復・リラックスのモード)に切りかえられず、

  • 眠りが浅い
  • 寝つきが悪い
  • 夜中に何度も起きる

という状態になって、疲れを取ることができず、重たい体で朝をむかえている人が少なくありません。

そこで、副交感神経(休息・修復・リラックスのモード)に切りかえて、深い眠りを得るための手軽で効果的な方法をご紹介します。

スポンサーリンク

睡眠 で疲れを取る方法 目次

呼吸法で深い眠りに - 疲れを取る睡眠 11 -

私たちの体は、活動モード(交感神経)と休息モード(副交感神経)の2つのモードをバランスよく働かせて健康状態をキープしています。

眠っている時は副交感神経になるのですが、それを妨げるものがストレス。ストレスは交感神経にしてしまい、寝つきを悪く、眠りの質も低下させます。

そこで、誰にでも簡単な呼吸法でリラックス。深い睡眠を手に入れましょう。この呼吸法のポイントは・・・

呼吸法で深い睡眠に 続きを読む >>

睡眠の前のパソコンは深い睡眠を妨げる - 疲れを取る睡眠 10 -

深い眠りのためには、副交感神経(リラックスの状態)にすることが大切。しかし、スマホ、パソコン、テレビ、ゲームなどは交感神経(ストレスの状態)に・・・。

睡眠の前にスマホを見たりゲームをすると、脳が興奮状態になるので、寝つきも眠りの質も睡眠中の疲れを取る効果も低下してしまいます。

スマホを見るのであれば、睡眠に入る・・・

睡眠の前のパソコンは深い睡眠を妨げる 続きを読む >>

深い睡眠で疲労を回復する方法 >>

スポンサーリンク

昼寝の疲労回復効果は夜の3倍 - 疲れを取る睡眠 9 -

お昼ごはんを食べた後は眠たくなりがち。うとうと昼寝をするのは本当に気持ちがいいものですね。

この昼寝、夜の睡眠の3倍も疲れを取る効果があるとも言われています。

夜の睡眠は、最初は深い睡眠でも、朝にしたがってだんだん浅い睡眠になっていきます。

しかし、昼寝の30分は夜の睡眠でいえば・・・

昼寝の疲労回復効果は夜の3倍 続きを読む >>

▲このページのTOPへ

睡眠を深くするお風呂の時間 - 疲れを取る睡眠 8 -

お風呂にゆったりと入ることは、疲れを取るには何より効果的。暑い夏でもシャワーよりお風呂の方が疲労の回復をサポートしてくれます。

深い睡眠のためには、お風呂を出てから時間がたたないうちに眠るのがベスト。お風呂の後の汗がひいて体温がスーッと下がってくるタイミングで、自然と眠くなってきます。

そこで、深い睡眠のためにベストなお風呂のタイミングは・・・

睡眠を深くするお風呂の時間 続きを読む >>

スポンサーリンク

抱き枕でいびきを解消 - 疲れを取る睡眠 7 -

いびきとは、高すぎる枕であおむけに眠っていると、気道がせまくなって呼吸がしにくくなっておこる現象。いびきだけでなく無呼吸にもなりやすい状態ですね。

抱き枕を使って横向きに眠ると、両肩が自然とまるくなります。この姿勢だと呼吸がしやすくなるので、抱き枕はいびきの解消に効果的。

無呼吸の解消も期待でき、睡眠も深くなって疲労回復にも効果的ということです。

抱き枕のサイズは・・・

抱き枕でいびきを解消 続きを読む >>

体がほぐれていないと、深い睡眠は得られません。

  • 「寝つきが悪い」
  • 「ちゃんと寝たのに、疲れが残っている」
  • 「私は何時間でも眠れるのよ」

これ、実は 睡眠が浅い証拠 でもあるんです。

ストレスの多い生活によって休息・修復モードに切りかわらず、体(筋肉)の緊張が残ったまま眠りについてしまう。

睡眠が浅いだけでなく栄養も酸素も行きわたりにくくなるので、体の修復も、疲労物質や老廃物の排出も、スムーズに進まない。なので、「疲れがとれない」「目覚めが悪い」と感じるのです。

そこで、体をゆるめて睡眠を深くして、疲労を回復する方法を紹介します。

深い睡眠で疲労を回復する方法 >>

プアーナプアーナ

▲このページのTOPへ