呼吸法で深い眠り

眠りで疲労回復

呼吸法で深い眠り

HOME > 睡眠 > 呼吸法で深い眠り

深い眠りを得る呼吸法

深い眠りを得るためには、体が深くリラックスしていることがポイント。「体がゆるんでいる = 深い眠りのモード = 体の修復モード」 ということです。

体をゆるめるのに、呼吸法を使うのはとても簡単で効果的。そこで、深い眠りを得るための、かんたん呼吸法を紹介します♪

呼吸法と眠り、呼吸法とリラックスの深い関係

人間の体には振り子のようなはたらきがあります。たとえば、緊張状態がピークになるとあくびが出たりしませんか?緊張は交感神経。あくびは副交感神経。緊張がピークになると体に負担がかかり過ぎるので、なんとか守ろうと一気に副交感神経に振れてあくびが出るのです。

ホッとした時「はぁ~、よかった」と息を吐きますよね?逆に、横から急に車が飛び出してきたら「うわっ!」と息を吸いませんか?

息を吐くとリラックスモードに、息を吸うと緊張モードに。呼吸を使って、無意識のうちに緊張とリラックスを使い分けているんですね。なので、呼吸法を使えばリラックスすることも、眠りを深くすることもできます。

スポンサーリンク

呼吸と脱力で全身リラックス

そこで、深い眠りのための呼吸法。眠りにつく前にやりましょう。ベッドの上でOK。座ったままでも、横になってもOKです。

  • 息を細く吐きながら、全身にチカラをギューッと入れる。
  • 6秒くらいかけて息を吐いたら、一旦とめる。まだチカラは入れたまま。
  • 吐ききったつもりでも、まだ少し息が残っているもの。その残ってる息を「ハッ!」と吐く、と同時に全身のチカラを一気に抜く。
  • 10秒くらい休んだら、もう一度。

最初はタイミングが難しいので、あまり効果を感じないでしょう(汗)。この呼吸法を3回、4回とやっても、あまり変化を感じないのが普通です。

でも慣れてくると、最後の息を吐くタイミングと脱力のタイミングがピッタリと合うようになってきます。そうなれば、1回での呼吸法で筋肉がゆるんで、しっかりと副交感神経に。眠りにつく最高の状態になります。

最初でも、3回4回と呼吸法をくりかえせば、少しづつリラックスでき、今までよりも深い眠りにつくことができるでしょう。

そして、もう1つ大切なことは・・・

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

朝までぐっすり♪ しっかりほぐす自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事