無呼吸症候群の改善に抱き枕

眠りで疲労回復

無呼吸症候群の改善

HOME > 睡眠 > 無呼吸症候群の改善に抱き枕

無呼吸症候群を枕で改善

抱き枕は無呼吸症候群の改善に効果的。さらに精神的にもリラックスできるメリットもありますし、いびきにも効果的。そんな抱き枕について紹介します。

抱き枕で横向きで眠れば 無呼吸症候群 の改善に効果的

抱き枕というと、精神的にリラックスできるものというイメージ。やわらかいものにくるまれたり、抱っこすると安心して落ち着きます。子供のころにお母さんに抱っこされるのが嬉しいのもこの心理。抱き合うことで安心感がうまれたり、リラックスできるのは大人も同じです。

そんな精神的リラックスの意味からも、抱き枕は深い眠りに効果的ですが、それだけではありません。無呼吸症候群 の改善にも抱き枕はおすすめです。

無呼吸症候群の人は、眠りが浅かったり、いびきをかく傾向があります。

いびきは、枕の高さが合わない(高すぎる)状態で、あおむけに眠っていて、気道がせまくなって、呼吸がしにくくなっておこる現象

いびきをかく人は、無呼吸症候群でもある可能性が高いのです。

抱き枕を使って横向きに眠ると、両肩が自然とまるくなります。この姿勢だと呼吸がしやすくなるので、抱き枕はいびきの改善に効果的。無呼吸症候群の改善も期待でき、眠りも深くなって疲れもとれるということです。

抱き枕のサイズは、体の大きさにもよるので一概には言えませんが、実際に抱き枕をためしてみて、肌さわりもよく落ち着くものをお選びください。

男性だからといって、躊躇することはありません。無呼吸症候群やいびきの改善のためにも、抱き枕を活用してください。

そして、もう1つ大切なことは・・・

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

朝までぐっすり♪ しっかりほぐす自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事