昼寝の効果

眠りで疲労回復

昼寝の効果

HOME > 睡眠 > 昼寝の効果は夜の3倍

昼寝の効果は夜の3倍

昼寝の夜の睡眠の3倍の効果があるとも言われています。

なかなか昼寝の時間がとれない方も多いでしょうが、短時間の昼寝でも効果は高いですし、午後の仕事の能率も変わってきます。

15分の昼寝でも効果大!

昼寝の効果

お昼ごはんを食べた後は眠たくなりがち。そのままウトウト昼寝をするのは本当に気持ちがいいものです。この昼寝、夜の睡眠の「3倍もの効果」があると言われています。

夜は6時間、7時間と長い睡眠。でも最初のうちは眠りが深くても、朝にしたがってだんだんと浅い眠りになっていきます。

昼寝の30分は、夜でいえば一番眠りが深いときの30分ということ。

仕事をしている人は昼寝に30分の時間を割くのは難しいでしょう。でも、10分、15分の昼寝でも効果は大!頭もスッキリ、午後の仕事もはかどります。

イスに座っての昼寝がおすすめ

じっくり昼寝する時間がない時は、横にならずにイスに座った状態で眠るのが効果的。横になってしっかり昼寝しすぎると、かえって頭がボーっとしてしまうことも。お休みの日ならともかく、普段の日は15分、30分の昼寝が効果的です。

疲労をためる前の昼寝。体も軽やかに、午後の仕事の能率を高めていきましょう。

そして、もう1つ大切なことは・・・

ぐっすり眠るためには、体をほぐすことが大切

体がほぐれていないと、ぐっすり眠ることはできません。

ストレスは交感神経を優位にして、体をかたく緊張させます。ストレスが多い人はいつも体が固くなっているので、それをほぐしてあげないとぐっすり眠れないんです。

マッサージで眠たくなる

これは全身がほぐれて 「睡眠&体の修復モード」 に切りかわった証拠。

ぐっすり眠れるだけでなく、昼間の疲れもスーッと消えて、体のすみずみまでリフレッシュ。軽やかで気持ちのいい朝をむかえられるでしょう。

ゆったりとお風呂に入ったり、軽い運動をしたり、ストレッチしたり、自分でマッサージして、日ごろからこまめにほぐしてあげましょう。

また自分で体をより深くほぐす方法があります。自宅で、手軽に、時間もかけずにできる方法ですので、参考になさってください。

朝までぐっすり♪ しっかりほぐす自宅で簡単な方法とは? >>

スポンサーリンク

▼関連記事